マタニティ歯科

    マタニティ歯科

    妊娠中はホルモンバランスが乱れ、口腔内環境が変化し歯や歯肉のトラブルが起きやすい時期です。

    また、生まれてきた赤ちゃんは 2 歳半までにその子の虫歯・歯周病のなりやすさといった一生の体質が決まります。

    適切なセルフケア習慣を身につけ、ご両親・赤ちゃんともにお口の健康を守りましょう。

     

     

    妊娠の段階とデンタルリスクについて

    妊娠初期(0~3 ヶ月目)

    マタニティ歯科

    女性ホルモンが増え、唾液の分泌が低下します。唾液が減ると、虫歯になりやすくなったり口臭が発生したりと、トラブルになりやすい状態になります。

    適切なケアが必要ですが、つわりがひどくハミガキも出来ないという方も多くいらっしゃいます。 つわりの時は、なるべく一日のうちで体調の良いタイミングをねらって、リラックスしてハミガキしましょう。その際、ハブラシはヘッド(ブラシ部分)が小さいものを使用すると、嘔吐反射が出にくいです。

    みがく時は前かがみの姿勢で下を向き、ハブラシを舌に当てないようにすると更に良いでしょう。虫歯になりやすい口腔内環境になっているので、フッ素入りのハミガキ剤がおススメです。

     

    妊娠中期(4~7 ヶ月目)

    マタニティ歯科

    おなかが大きくなってくると、一度にしっかり食事がとりにくくなり、間食が増えます。

    すると、歯の再石灰化(唾液に含まれるカルシウムなどが歯を修復すること)の時間が短くなり、さらに虫歯が出来やすくなります。ハミガキの仕方を再確認して、虫歯リスクを減らしましょう。

    出来れば歯科治療は妊娠前に終わらせておくのがベストですが、妊娠中期は比較的体調も安定しているため、妊娠が分かった後に治療するなら良いタイミングです。

    さらにおなかが大きくなると、診療台に横たわるのが大変になるので、お口のトラブルがある場合はこの時期に歯科にかかりましょう。

     

    妊娠後期(8~10 か月)

    マタニティ歯科

    妊娠中期~後期は女性ホルモンの増加がピークに達し、女性ホルモンをエサとする歯周病菌が爆発的に増え、歯肉炎になりやすいです(妊娠性歯肉炎)。

    歯周病菌は口腔内だけでなく全身に影響があり、早産のリスクが高まることが分かっています。

    妊婦のほとんどが歯肉炎になると言われているので、出産後の準備などに追われて、ケアがついおろそかになってしまいやすい時期ですが、しっかり気を付けましょう。

     

    出産後

    マタニティ歯科

    生まれてきた赤ちゃんのお口には、虫歯や歯周病の原因となる細菌はいませんが、ご両親とのスキンシップ、食器の使いまわし、噛み砕いたご飯を食べさせる等で菌がうつります。

    ご両親の口腔内細菌をクリーニングで減らし、感染リスクを下げることが出来ます。

    新しい家族の一生の健康のために、まずはご両親から適切なセルフケア・定期検診でお口の健康を守りましょう!

     

     

    Q&A

    Q麻酔の影響はありませんか?
    A歯科治療では、抜歯などの他にも無痛的に治療を行うために局部麻酔を行います。その使用に関しては通常の量であれば母体・胎児ともに影響はありません。
    念のため、メリー歯科では妊娠・授乳中の患者さまには、かかりつけの産婦人科医に麻酔の使用許可をいただいてから行っております。
    QX線(レントゲン)撮影の影響はありませんか?
    A病気の診断にX線検査がどうしても必要になる場合があります。このような時、胎児への影響が心配になるのは当然です。
    しかし、歯科で一般に行われるX線撮影による被ばく線量は、1年間に受ける自然放射線の被ばく線量に比べても比較にならないほど低いのです。
    撮影装置も改良され、高感度フィルムも普及しています。また撮影時には鉛入りの防護エプロンを使用しますので、胎児への影響はほとんどありません。
    念のため、メリー歯科では妊娠・授乳中の患者さまには、かかりつけの産婦人科医にレントゲンの撮影許可をいただいてから行っております。
    Q薬を飲んで影響はありませんか?
    A一般に歯科で投薬されている薬は「痛み止め」と「化膿止め」が主です。
    薬は妊娠初期に影響が出やすいので、妊娠中には歯科の薬だけではなく、一般の薬も飲まないことにこしたことはありません。
    薬は歯科医師が治療の有益性が副作用のリスクを上回ると判断したうえで投与されます。出来るだけ安全性の高いものを必要最小限の量と期間で投与するようにしています。
    念のため、メリー歯科では妊娠・授乳中の患者さまには、かかりつけの産婦人科医に抗生剤・痛み止めの服用許可をいただいてから処方しております。
    Q妊娠中や出産直後の歯科治療は可能ですか?
    A妊娠も出産もすべて生理的な営みですから、ほとんどの治療が可能です。
    痛みなどを我慢してストレスをためるより、悪いところは早めに治した方がストレスがなくなり、かえって母体も胎児にも良いと考えられます。
    Q妊娠すると胎児にカルシウムを取られますか?
    A 「子どもにカルシウムを取られてしまって歯がダメになった。」というお母さんがよくおられますが、そのようなことはありません。
    妊娠をきっかけに食生活の変化やお口の中の清掃を怠ったために、虫歯や歯周病になったと考えられます。
    Q妊娠すると虫歯になりやすいの?
    A妊娠中、つわりなどによる吐き気のため、お口の中が清潔に保てなくなったり、食事や感触が不規則になったり、唾液の量が少なくなったり、お口の中のPH(ペーパー・水素イオン濃度)が賛成に傾いたりして虫歯が発生しやすい状態になります。
    歯科医院で衛生指導を受けて、普段からお口の中を清潔に保つことが必要です。
    Q妊娠すると歯周病になりやすいの?
    A妊産婦の約半数に妊娠性歯周炎という歯周病がみられるといわれています。
    妊娠すると歯肉に炎症が起きやすくなり、出血しやすくなります。不潔にしていると炎症は広がりますので、早い時期からお口の中を清潔に保つ習慣を身に着ける必要があります。
    Q妊娠中の歯磨きは?
    A妊娠するとお口の中のPHが酸性に傾いたり、唾液の粘性が増したりして虫歯になりやすくなります。
    また、毛細血管が敏感で出血しやすく、歯周炎を起こしやすくなります。日頃からきちんとした歯磨きの習慣をつけておくことが大切です。
    つわりで歯磨きがしにくい時は、ヘッドが小さいハブラシの使用をおススメします。また、歯磨き粉は無し、もしくは少量使うと気持ち悪さが少なくなります。
    不明なことがあれば当院で衛生指導を行っていますので、お申し付けください。

     


TOP